月次決算をお勧めする理由

中小企業経営者のお悩み

決算といえば、年に1回。しかも締めて見なければ正確な情報が分からない。
しかし、これでは誤った経営判断を行うリスクが大きく、安心して会社の舵取りができません。

そんな経営者の方に、ぜひ導入していただきたいのが「月次決算」。毎月、会社の数字を締めることで、経営状況をリアルタイムに把握。スピーディー、かつ正確な次の一手を打つことができます。

月次決算5つの導入メリット

なぜ、月次決算が必要なのか?

年1回の決算と月次決算の違い

通常の決算・・・今期の振り返り、現状把握、来期に向けた戦略を考えるのは毎年1回だけ。
月次決算・・・・上記を毎月1回繰り返す。

月次決算は、年1回ではなく、毎月数字を見ていくことで会社の業績をいち早く把握し、次の一手を素早く打つことが可能です。毎月の利益が見えていなければ、今月どこに課題があって、次月はどんな目標を立てるのか見えてきません。

毎月目標と実績をすり合わせして現状を把握する。これを繰り返していくことで、自社の課題点、目指すべき方向が見えてくるのです。

当然社長自身の緊張感も変わってきます。売上げと利益をシビアに毎月見ていくことで、日々の動き方も変わってくるはずです。社員に対する要望、指示も変わってくるはずです。ぜひ一日も早い「月次決算」を導入してみませんか?

月次決算を続けていれば、このようなことが見えてきます。

アマヤ・パートナーズ税理士法人
TEL:03-3452-8107/FAX:03-3452-8117
メールでのお問合せはこちら
〒108-0073 東京都港区三田3-14-10 三田3丁目MTビル6F

ページTOPへ